A Night at the gorilla

DTMとか、ボカロとか、漫画とか、日記とか、ゴリラとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新曲REMIXアップ

新曲はリミックスです。
耳野めめさんの、と言うのが正しいのか分かりませんが、ちょっと足んないシティです。

というおしらせまで

そのうちサウンドクラウドにも上げられたらいいかなと思ってるのと
少しばかり動画になっているのはYouTubeにでも上げてみるかとか思ったりもしつつ
実際に行動できず。

それではまたよろしく。


スポンサーサイト
  1. 2016/06/20(月) 21:08:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

私のゴリラ愛

なし

圧倒的にない

という事にしておきましょう。

とはいえ

いや、とりあえず、ゴリラという語の響きには魅力があるとは言えよう
がしかし、ゴリラと言うその事だけでは
その魅力の発生に難しい所があると認められはじめたのも事実であり

また、私自身がゴリラを名乗る事もありゴリラそのものに愛着が芽生えるという事もあるだろう

ただし、ゴリラはおもちゃではないので、やはりあれらのゴリラと私が愛でようと望むそのゴリラは
もはや別物ではないかと思えることはあるし
そもそも、ゴリラと名乗る事によって、私としてのゴリラが肥大化し
ついには私だけが唯一ゴリラだ!勘違いするな!
と言いたくなることすらあるのである

肥大化するゴリラとしての私

いつしか私が自然体にゴリラとして振舞うにつれ
そこから過剰な執着がなくなり、今ではゴリラという語は家族の様な存在になりつつある
これが世にいう家族的類似という奴なのか?

とにかく今一度、私にゴリラ愛があるかどうかと問われるならば
そのゴリラとは何か?
愛とは何か?
という問いが先ずもって問題になり、それらはとても不明瞭なのである

したがってそれについてゴリラと呼ばれるモノ達に全てに聴いてみよ
恐らく多くのゴリラと呼ばれるモノ達はなにも答えないのである

そう語り得ない事については沈黙しなければならない

それがゴリラの流儀。

おしまい。


それでは最後に新曲の宣伝です。



サウンドクラウドにアップのものはノイズが乗っているかも知れません
気が向いたら直します。

それではまた
  1. 2016/06/13(月) 20:35:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

スP

Author:スP
マイリス
myspace
soundcloud
twitter

CD「偉大なる君へ」について
CDアルバム「Cat of another world」について

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
日記 (77)
DTM (5)
漫画 (0)
その他 (6)
宣伝 (7)
CD (6)

クロスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。